Top Page > スポンサー広告 > 『ゴーストライター』 ならぬ、『ゴーストアフィリエイター』です!僕は!家を売る > 『ゴーストライター』 ならぬ、『ゴーストアフィリエイター』です!僕は!

Memo

2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05
--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03.09 Sun

『ゴーストライター』 ならぬ、『ゴーストアフィリエイター』です!僕は!

最近なにかと、『ゴースト○○』が取り沙汰されていますが、、


考えてみると、最近の僕は、 『ゴーストアフィリエイター』だな! 


と思って、 なんか響きが気に入ったので、「これいただき!」



って感じで、サイト名を変更しました。





2013年夏、グーグルアドセンスアカウント剥奪、
2013年末、大きな収入源だった、あるプログラムが金融ルール変更により全く成約を取れなくなった。



それどころか、PPCの広告費でマイナス状態に。



2014年はとにかくサイトを作ろう! 奮起するも、
記事を書く事が苦痛になる。


という事で、記事外注を始めました。




以前 外注を頼んだ時は、友人だったので、
なんかこっちも強く言えなくて、納期とか超遅かったし、全然思い通りにならなかったのですが、

今回は勇気を出して 掲示板で募集


面識のない人に書いてもらうのは初めてでしたが、

何度もやり取りをしている内に、サイト作成が起動に乗りました。




記事がどんどん上がってくる。




これは本当に レールの上に 列車が「ガチャン!」と乗ったような感覚。



自分で書いたら1日4000文字が限界で、
しかも 3日くらい続けたら嫌になってしまうのですが、


このレールに乗った状態だと、一日2万字くらいの文章をサイト化できる。




サイト化が追いつかない程だ。




外注をやった今回の感想は、
スピードが上がる とか、サイトがどんどんできる とか、


そんなんよりも、


外注の最高のメリットは、 「嫌にならない!」 という事だと思いました。




得意な人に、得意な事をやってもらう。

苦手な事は自分でしない。



当然の事なんですが、今回改めて思いましたね。
いや、もっと早く気付けば良かった。


限られた24時間を どうレバレッジを掛けていくか?



自分には24時間しかないのだから、どんどん膨らませるには
他人の24時間を分けて貰うしかないのだ。



【綺麗なサイトを作れれば稼げる】 だったらウェブデザイナーは皆金持ちだ。

【良い文章が書ければ稼げる】 だったらライターは皆金持ちだ。


本当に重要なのはマーケティング力

◎どんなキーワードで、どんな記事を書いて、どんな商品を紹介すれば良いのか?



アフィリエイターが養うべき力はコレ


「設計力」とでも言いましょうか。





今、現時点ではそう思っています。





という事で、まとめに入りますと、
今回の一連の『ゴースト○○』は個人的にはアリだと思っています。
(論点がそこではない事は重々承知でここに書いてあるのは別視点で)



今日から、僕は ゴーストアフィリエイター と名乗ろうw


下腹ポッコリ 原因と対策

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。