Top Page > スポンサー広告 > 『だったら、市場ありきで攻めた方が良いよね』家を売る > 『だったら、市場ありきで攻めた方が良いよね』

Memo

2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11.17 Sun

『だったら、市場ありきで攻めた方が良いよね』

前回の『稼げるキワードは幻想である』という話をしました。


世の中に稼げるキーワードなんていうのは存在しない!

っていうお話です。




そんな幻想を追いかけるよりも、
「どうやったら人は モノを買うのか?」

を追求したほうが有意義でございます。


という事で 今日の独り言は、


『だったら、市場ありきで攻めた方が良いよね』



っていう話。
前回の続きとなるお話です。


------------------------------------------------

『稼げるキーワードは存在しない』のであれば、
「キーワード」って実はそんなに重要ではないのでは?


と思うかもしれませんが、

答えは断然 NO!


超超超 重要です。


アフィリエイト暦が長くなればなるほど、

この重要性が増してくる気さえするものです。




「キーワード」の考え方一つで食いっぱぐれしないのでは?




とさえ思うほどです。


ネットビジネスにおいて この『キーワードスキル』を身につける事こそが、
一番の近道と言っても過言ではないでしょうね。

身につけるべきは、『考え方』であり、

決して、『稼げるキーワード』なんていう幻想ではありません。



言いたい事伝わるかな。。



キーワードの向こう側には『人』がいます。

その『人』の感情をどこまで読み取れるか?



そして、どこまで先回りできるか?

という事ですね。




この辺りはLFMという教材を観てくれれば非常に勉強になり、
成長できると思います。




で、僕の独り言としては、


まず、キーワードは「考えるのではなく、探すもの」という事を前提にする事が大切かと。


キーワードを見つけてる方法としては、
商品サイトや知恵袋からキーワードを探しだす。




で、


そのキーワードを YAHOOなんかの検索エンジンに入力して、
半角スペースを打ち込み、

「あ」「い」「う」・・・


って順番に入れていくと 複合語の候補がでてくると思います。

(※ グーグルアドワーズかなんかで一括ででてくるやつもあるのかな。。個人的にはこうやって一語ずつ入れていく方が好きなんでこうやってやっていますが、、)


で、

その 複合語で出てきた言葉を、、
今度は『これを検索した人はどんな気持ちだったんだろう?』


なんて考えるのです。


そういう修行。



で、 実際そういう検索されているキーワードで、サイトを作った時に、
その検索して来ている人を、自分がアフィリエイトしたい商品のアフィリリンクまでもっていく事まで
想定できたら、

それは結構 高確率で成功するんじゃないかな?


っていうお話。




「どんな気持ちで、何を考えてそのキーワードを選択しているのか?」


商品名キーワードがメインキーワードなら、
まぁ だいたい分かると思います。



大きく分けると 「知りたい」のか「買いたい」のか。




このどっちかじゃないかな。

まぁ 「買いたいワード」はだいたいライバル多数だと思います。


「知りたいワード」で上位表示できそうなら、
そこからどうやってアフィリリンクまで持っていくか?

っていう事になると思います。



さて ここまではあくまでも『商品ありき』の考え方。




あくまでも、アフィリエイトしたい商品から出発して
キーワードなんかを探して~

となります。



まぁ 普通の考え方ですけど、
『商品ありき』だとなかなか上手くいかないのも事実。


ではなくて、冒頭で言った、





>>『だったら、市場ありきで攻めた方が良いよね』


っていうのは、


キーワードから その人達が何を欲しがっているのか?


を考える 


という考え方。





これはキーワードを数珠繋ぎのうように検索していくっていうか、

ライバルが居ないキーワードを探して、

その人達が欲しがっているものを(潜在的に)

「あなたが探しているのはこれじゃないですか?」的な答えを書いてあげると、


上手くいくケースが多いです。





まぁ だから普段からASPの商品は普段からよく目を通しておいて、

アフィリエイトできる商品を知っておくことが重要になるわけですね。




え~ っとつまり、


上位表示できそう、ライバルが居なさそうな『キーワード』を見つけて、

そのキーワードでやってくる人達と、

ASPに登録されている商品を、


あなたのサイトで結びつける



という事ができれば、、
かなりの確率で初心者脱出できるでしょう。


会社の休憩時間や、移動時間、
スマホで、ASPの商品みたり、 キーワードの深堀修行をしたりすると
成長スピードも上がると思いますよ。


以上 独り言でした。




優しい方だけ押してください

→ 





http://kiumo.net/entry1.html
http://kiumo.net/entry2.html
http://kiumo.net/entry3.html
http://kiumo.net/entry4.html
http://kiumo.net/entry5.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。