Top Page > スポンサー広告 > 展開予想の やり方。家を売る > 展開予想の やり方。

Memo

2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03.20 Wed

展開予想の やり方。

どうも こんばんは!


今現在 いろんな事をやっていて、

もう全く時間が足りない! という状況になっていますが

うまく、時間を使ってこなしていきたいと思います。


アフィリエイトも外注さんが産休に入られるので、
新たに募集しようか ちょっと悩んでいます。




さて、
ちょっと休憩がてらに、 競馬の話でもしようか~ 


このブログは休憩かよ! ってねw





僕の予想は 「展開予想」だと言っています。


言ってみれば、「出走表」から そのレースがどんなレースになるのかを
イメージして予想しているわけです。


で、これが どうやったらできるようになるのか?


って話。




これ、僕は 答えは一つしかないと思っていて、


『経験』 です。



つまり、 過去 自分が見て来た膨大なレース映像が、
基となって 

出走表から 「イメージ」しているわけですね。



だから、 経験なくして、展開予想はできません。



じゃあ、あなたが展開予想できるようになるのは何年後か?


って話になるかもしれませんが、

今は JRA-VANというとても便利なツールがあるのです。

過去10年分くらいの映像を見る事ができるわけです。



つまり、

『過去10年の経験をあなたは すぐに自分の経験として取り込める』


わけです。



ですからね、 「競馬力」なんていうものがあったとして、
それを手に入れたいのであれば、

月曜、火曜、水曜日、、 


週末の重賞の情報を集めるのではなくて、


過去に行われたレースを予想してみたらどうでしょうか?



あなたは 入試の時、 
「どんな試験内容なのか?」という事を真剣に予想したりしましたか?

ある程度の傾向を抑えたら、
後は 必死に過去問 解いたのではないでしょうか?



僕は 競馬のレースは「試験」のような物だと思っていて、


・「出走表」がテスト問題

・「レース映像・結果」が答案 


だと思っています。



本当に必要なのは、「試験内容を予測する力」ではなくて、

「テストを解く力」を見に付ける事が重要なのでは? 



と僕は思います。


つまり、 ひたすら、過去のレースを予想してみると、、、




ほら、競馬初心者の人でも、 競馬暦10年!分の予想はできてる! 




って事ですよね!



「予想する」というのは
ただ 映像見ているだけではダメなんです。


まず過去のレース、 結果も見ずに、
まず「出走表」を見てください。

そしてどんなレースになるかを予想する。

最初のうちは 「逃げ馬を当てる」でも良いです。


そのレースで 「どの馬が逃げるのか?」を予想してください。


逃げ馬が分かるようになったら、
今度は その馬が逃げれるかどうか? を予想してください。


今度は、
・なぜ逃げれると思ったのか?
・なぜ逃げれないと思ったのか?


それを書き出して行くんです。

箇条書きでも良いので。



出走表みて、 
そういう要因があったら、その要因と結果を結びつけるのです。


・逃げ馬が3頭居たから 逃げれないと思った


最初はこんなレベルで良いのです。


その回数をこなしていくうちにそれがより、
「具体的に」 書けるようになります。


・おそらく 8番の逃げ馬がハナを奪うと思うけど、すぐ隣にいる、
 先行しそうな7番が邪魔になって、そこで脚を使って、
 結局中に入れず、 外を回され、 直線で脚が止まりそう。


と言った感じに。



それがゆくゆくは
あなたの 『予想の引き出し』 になるのです。

僕は今でも たまに これを追加する事ありますよ。



そういった発見は、
同じコース、同じ距離で ずーっと見て行かないと
発見できない事が多々あります。


ですから予想するときは、 同じコース、同じ距離、 あと同じクラスのレースを予想してください。

どんどん日を遡っても良いです。



そうすると、、


展開予想ができるようになります。

出走表見ただけで、

イメージが沸いてきますよ。



参考になった方は
1クリックお願いします→ 






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。