Top Page > スポンサー広告 > 僕が予想に使うデータ家を売る > 僕が予想に使うデータ

Memo

2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12
--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12.26 Wed

僕が予想に使うデータ

前回の記事→  『戦略を持って馬券を買う とは』


前回の記事は客観性を含んだ事実だと思いますので、どんな意見を言われても論破できる自信はありますが、
今日の記事は 『僕の主観』 でしかありません。


こんな風に予想してるのか。。 くらいに思ってくれれば結構です。

人によっては ショックなくらい少ないかもしれません。




まず 僕がなぜ『ダート 1200m 未勝利戦 複勝』を軸にやっているか から説明します。

「これ故に そのデータは使わない」というのもありますので。



●ダートでやる理由 
芝はトラックバイアスで状態がころころ変わるのでめんどくさいです。
ダートはレースが進むにつれて 「荒れてくる」なんて考えなくて良いですから。
それに、芝と違い 瞬発力勝負になりにくいです。
という事は 基本前有利です(少なくとも僕はそう思っています。)


●1200でやる理由
スプリント戦と書こうとしましたが 1000mはちょっと特殊ですので、省きました。
コーナーが二つしかなく 展開を読みやすいからです。
普通のレースなら「前が有利か? 後が有利か?」から考えなければなりませんが、

基本的に「前有利」という事を前提に予想を始められるから。


●未勝利戦を好む理由
『どこかにボーダーラインを引け』と言われたら、僕は間違いなく 500万と未勝利戦の間に線を引きます。
1度でも勝った事ある馬の集まり と1度も勝った事ない馬の集まり は全然違うと思っています。

よく新馬戦は「幼稚園生のレース」と言われたりしますが、それなら未勝利戦は小学生のレースでしょうか。
なら500万は中学生?と言いたいですが僕は違うと思っています。
普通の中学生ではなく、受験を受けて入学した「有名私立中学生」です。
頭良いものの集まりの中でトップを狙うのは難しいですよね。
それよりも 地元の小学生のクラスの1人~2人いる優等生を当てたほうが簡単ですよね。

そんな感じです。
極端な話、ダート1200未勝利戦で後から差しきれる馬なんて残っていません。
これだけ不利な条件で指しきれる馬はさっさと勝って上に行っています。

あと、厩舎だか馬主だか知りませんが、そういった人達の意図をあまり感じないのも理由の一つ。
オープンになると馬の状態を「○○のレースに合わせる」といった事をしてきます。
いわゆる「叩き台」というやつでしょうか。
そんなの予想する方からみたらただの良い迷惑です。
競馬する以上 100%の力でレースしやがれ!!って思います。
未勝利戦ならか勝てる時に勝たないと いつ勝てるか分からないですからね。

●複勝でやる理由
僕は競馬を100%信じていません。
ずっと競馬をやってきて思う事は『1/3は不確定事象でなりたっている。』

そう思っています。 本気でそう思っています。
・上位3頭中1頭は荒れる。
・3Rに1回は荒れる
そんな感じです。 もちろん100%予想できる時もあります。
でもその反動は別のレースに来る。 というか。
これは感覚なので上手く伝えられませんが、

『人間は競馬を66%までしか予想できない』 そう思って予想しています。
1/3という数字が一番納得できます。

だから複勝です。 




はじめに言っておきますが、僕の予想は「出走表のみ」です。
これ以外使いません。ウラ情報なんて入ってきませんし、必要ありません。


使う出走表は「JRA-VAN」これのみ
もしこれが無くなったら 予想できません。


■僕が予想に使うデータ

◎前走の内容

見るのは主に、通過順位とタイム、そして上がり3ハロンのタイム


○前々走またはそれ以前のデータ

上に同じ




正直言うとこれだけです。笑


これを 頭の中で 今回のレースの枠順に当てはめてどういうレースになるか頭で再現するわけです。

何度も何度も再現します。
考えられるパターン全て。

そのうち 「これしか考えられない」という感じに炙り出てくる という感じです。



■枠順はとても大切です。
大切ですが、 具体的に 「何番が不利」とかそんな風には考えていません。
内枠、中枠、外枠 不利な枠はコースにより違いますが、

なんかのデータで出てくる『過去のデータで何番と何番は不利 1着は出ていません』
なんていう考え方はした事ありません。

枠の有利不利を決めるのは何番単位ではなく、内枠 中枠 外枠 ざっくりとしか考えていません。

それよりも遥かに重要なのが、そのレースで馬が並ぶ順番。
これのほうが遥かに重要です。



外枠が不利という京都ダ1200 で考えてみましょう。
僕はこのコースが一番 『内枠 逃げ馬有利』 と思っています。

同じ力を持った逃げ馬が4頭 A,B,C,D が居たとします。
4頭の逃げ馬が同じレースにでたら共倒れになりますのでちょっと分かりづらいかもしれませんが
2頭ずつ2Rに分けて考えたとします。
他馬は全て同じと考えてください。A,B,C,D以外 逃げ馬ナシ

●AとBが同レースに出走

●CとDが同レースに出走


Aは1番  Bは大外15番

Cは7番  Dは8番


Q 逃げ馬として有利にレースをできそうな順に並べてください


意味分かりますかね? レースは A、B と C,D で別ですからね。

これに確かな答えはありませんが、僕の考えている順番で良いますと、



・一番目に有利なのは

Aです。 

これは簡単ですね。
もう1頭の逃げ馬は15番と大外にいるわけですから。
簡単にハナを奪えます。


では次ぎ、
・二番目に有利になのは

これも簡単
Cです。

内に逃げ馬がいないですから、予想外の事が起きない限り、7番は楽に行けるでしょう。
内から逃げる馬がいるかもしれない という不安要素が1番よりも多いということになります。


問題は次です。
・三番目に有利なのは

普通に考えたら、大外15番が一番不利と思うかもしれませんが、
僕はDが不利と思っています。

よって次に有利なのは大外15番

Bという事になります。

一番不利なのが8番のDという事になります。



僕の経験上 中枠から隣り合う逃げ馬は外馬は相当不利を受けると思っています。
ずっと外を回される危険があるからです。

15番は他に逃げ馬がいなければ、すんなり1番の後につけてそれなりに好走できるからです。

でも7番8番と隣り合っていたら8番はハナを主張しあえばずっと外を回ります。

もし内側からもう1頭主張してきたら、

7番は内から2番目で回れますが、
8番は内から3番目で回らないといけません。

脚を貯めて大外を回る差し馬とはわけが違います。


逃げ馬は なぜに逃げるのか?

瞬発力がないから逃げるしかないんです。



それを外を回されたら 不利なのは明白 どれだけ多くの距離を走っているのか

ってなります。
まぁだいたい、ラストの直線で脚止まります。



と こんな感じで、
どんな脚質の馬がどんな順で並んでいるのかが重要で、
決して枠順そのものが重要ではありません。




ついでに言えば、僕は根拠のないデータも無視しています。
例えば、
『過去10年 G1○○レースは8枠の馬が馬券に絡んでいない』

「だから消します」


よくこんなの聞きますけど、その根拠は? 
って思います。

過去10年馬券に絡んでいないのは結果であって、理由ではないでしょ?って思います。

まず過去10年って言いますけど、たった10Rしかないわけですよね。
その10R 8枠に有力馬がいなかっただけではないの?

例えばね、
そのコースで同じ18頭がそれぞれの枠を試して走って出た結果ならそれは根拠のあるデータだと思います。
でも不可能でしょ? そんな実験。18×17×16×・・・ 
とんでもない組み合わせになるでしょ。。

それだけやって 1~7枠で良い勝率だった馬が8枠だけ全然馬券に絡まなかった というのなら
それは信用できるデータです。
根拠も理由も不要で信じれるデータです。


でも過去10R 毎回毎回それぞれの枠に全く脚質の違う馬が走って、
『8枠が絡んでいないから買いません』


・・・って!!!。


僕は 枠順が関係ない と言っているわけでは無いんですよ
むしろ 他の人より遥かに枠順を考慮しています。

でも重要なのは「枠」ではなく、

「それぞれの馬がその枠に入った事によりどういうことが起こるのか?」これが重要なんです。


だから僕は コースで「有利 不利」はざっくり『内枠・中枠・外枠』
これしか考えていません。




今まで書いたことは あくまでも僕の超主観です。


また記事が長くなりましたので、
「僕が参考にしていないデータ」はまた次回の記事という事で^^;



参考になった方は全員押す→  


次は、

第3部 僕が予想に使わないデータ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。