Top Page > スポンサー広告 > 8/19厳選馬予想  家を売る > 8/19厳選馬予想  

Memo

2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06
--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08.18 Sat

8/19厳選馬予想  

本日 厳選馬は 最後の最後で脚が止まってしまい、5着でしたね。

展開は予想通りだったのですが。


そして、 穴馬として紹介した 札幌8R ロックドクトリンは 見事1着でした。


5人気でしたね。

参考にされた方はオメデトウございます。




■競馬とは常に相対的なものである■

私の持論です。


良く 競馬予想ブログで 1頭にフォーカスして予想される方がいます。
「メイチ仕上げだ」「陣営が本気」「あの馬のオッズがおかしい」

なんていって。

まぁ別に予想は人それぞれなので、別になんでもいいのですが、

私は 競馬というのは 常に 相対的に考えなければならないもの

と考えています。


つまり、 相手との関係があってナンボ ってことです。


なぜなら 競馬はタイムを競うレースではないから。


もちろんタイムは 指標の一つなのですが、


馬券的には 1着~3着になる馬を予想しないといけないわけです。

だから いくらその馬がメイチ仕上げだろうが、陣営が本気だろうが、


結局は 他の馬との力関係になるわけです。


平場の馬が メイチ仕上げしたら、オルフェーブルに勝てるのか?


勝てるわけありませんよね。

もしこれで勝てるのなら メイチ仕上げの馬だけを探して買えば良いわけですから。


競馬はクラス分けされているわけです。


つまり似かよった力関係の馬で 分けられて出走しているのです。

その中で 1頭がメイチ仕上げをしても、 掛離れた速さを手に入れるわけではありません。


絶対に他馬との関係をみる必要があります。



さらには 競馬 はペースという物が存在します。


馬の無酸素運動は600mと言われています。

3ハロンです。


JRAでは一番短いコースでも1000m


つまり 最初から最後まで息を止めてダッシュできる馬はいないわけです。


ですから、ペースという物が生まれてきます。


ペースが生まれるという事は 展開が生じてきます。


そういった事を 予想していくのが 

自分は 「競馬の予想」だと思っています。



本日の札幌8Rロックドクトリンを「穴馬」として紹介したのは 

予想段階では

「ロックドクトリンは自力で勝つ力は無いけど、

展開が向けばチャンスがある。そしてこのレースはこの馬に有利な展開になりそう。」


と思ったので推奨しました。


予想通り、前が競ってくれて 中団に控えたロックドクトリンは大外から差し込めました。



しかし、 前が予想通り競ってくれたから 予想通りになりましたが、
もし競らない可能性だってあるわけです。

その場合勝つ事はおろか、3着もムリだったでしょう。


「自力で勝った馬」なのか「展開で勝てた馬」なのか 

その辺りをレース後に何度もチェックするようにすれば、


今 自分で予想できない人は できるようになるかもしれませんね。




では 明日の厳選馬です。




新潟8R → 










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。