Top Page > スポンサー広告 > 馬券の購入にマーケティング論と統計学を取り入れる!家を売る > 馬券の購入にマーケティング論と統計学を取り入れる!

Memo

2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08
--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05.12 Sat

馬券の購入にマーケティング論と統計学を取り入れる!


突然だが 問題です。


サイコロを振って、出た目が 1 だったとします。


2回目振っても 出た目が 1でした。




3回目に 1 が出る確率は何分の何でしょう?















・・・・正解は、、  1/6 です。



なんど 出た目が1が続いたとしても、 

次ぎにサイコロを振って 1が出る確率は 1/6 であります。


確率は変動しない。


なぜなら パチンコではないからだ。



では 統計的に見てみるとどうだろうか?

1が2回続けて出る確率は 6×6で 1/36


3回続けて 1が出る確率は さらに ×6で



= 1/216 なのである!!


あくまでも 1が出る確率は 1/6であるが、 


サイコロを3回振って 1が3回続けて出る確率は 0.5%以下なのです!!





ギャンブルで勝つに秘訣は 

計算上 勝てるロジックに 冷静にお金をつぎ込む 



これに尽きると管理人は考えている。


つまり こういう買い方をすれば 回収率100% 超えますよ! という馬券購入法に冷静に馬券を買っていけば良いのです。



ただ、 「当たるまで転がし」 というルールの無いコロガシだけは 管理人は絶対しない。


心臓に悪いから。




マーケティングの観点において、

「戦術」と「戦略」 は一連でなければならない




という考え方があります。

マーケティングとは 企業が 市場調査から販売に至るまでの全てを指す。
これは定義の問題であり、 「マーケティングとはこれである」と言い切れるものは無いらしい。


「戦術」とは 自分の解釈では 営業マンなどの話法など 現場での作戦

「戦略」とは 企業が打ち出す販売方針


と管理人はざっくり 解釈しています。




このマーケティング論を競馬に例えた時、

「戦術」とは 競馬予想

「戦略」とは 馬券購入法


と言ったところでしょうか。。


これを 一連にする事が マーケティングにおいて重要なのである。



この、競馬マーケティング予想法 (←今勝手に命名 笑)に、

冒頭の統計学の要素を取り入れる。



そうする事で 点と点が結びつき、 一つの「線」になると考えている。


その線の向こう側に 「トータルプラス」 という

領域が存在する。


前置きが長くなりましたが、
具体的に説明すると、


過去の自分の予想成績を検証してみると、

おおよそ 複勝的中率7割前後で当てれると考えている。


去年の今ごろは

十何連続 複勝的中!的中率9割以上! とノリノリの時期もありましたが、
トータルするとやはり 7割前後でしょう。



それはそういうモノだ! と思っていたほうが良い。

その上で 馬券の購入方法を考える。


的中率7割である という事は 

逆を言えば 3割の確率で外れるという事。


では先ほどの統計学を考えてみると

2連続外す可能性というのは 0.3×0.3 = 0.09


9%まで下げる事ができるという事。


つまり全て一連で考えれば、

外れた後の 予想は 91%の確率で 複勝的中 という事になる。


あくまで 一連で見れば という事。 単発的に見たら 外れた後も その次ぎ外れる可能性は3割

この場合 「一連」 というのは 「買い続ける」 意味。



要は 真剣に全力で予想した 「予想」の中で 外れたレースの次のレースを買う



もちろん 馬券購入タイミングは格段に下がるし、
なんともオカルト臭たっぷりだけど 笑


統計的に見たら プラスがでるはず。


このブログは それを検証してみるブログです。


明らかに 「マイナス理論」だったら 中止します。 



■■□□■■□□ 馬券購入ルール ■■□□■■□□ 


●今まで通り一定のルールで 厳選馬を抽出
 (おそらく日に1~3頭)

●外れたR の次ぎのRを買う


●日はまたいでもOK 
 例えば土曜日の 最終Rが予想馬ありで外れたら 日曜日の
 予想1R目を買う

■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■

 ただそれだけを検証していく


 馬券を買うなら自己責任で。


 私は一切の責任を負いません
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。